さよなら、おっぱい

松山は困惑していた。進級してすぐ、これまで接点などまるでなかった中野がフェラチオをしてきたからだ。唯の無口なクラスメイトだと思っていたのに、なんでこんなことになっているんだ?中野は淫らな顔でペニスに吸いつき、じゅうじゅう吸い上げ、顔面で白濁を受け止めた。その後は机の上に座って、制服の下の脚を開き、濡れたアソコを見せつけてくる。真面目な松山は欲望こらえて紳士を装うも、童貞ゆえに、誘惑に耐えられるはずはなく…。

作品情報を見る

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top