擦れ合う壁

私は、お隣のお兄さんの家から聞こえるHの声に聞き耳を立てて、オナニーをするのが習慣になっている。でもその日聞こえてきたのは、喧嘩をする声だった。慌てて出て行った私は、お兄さんに、スカートからパンツが見えてることを指摘されて…。「一人でしてたんでしょ?どうやってたの?」恥ずかしくて言えない私の口に、お兄さんがアレを入れてくる。そのあとはお返しというように、私のお股をペロペロクンニしてきて…。ねえ、お兄さん、どこまでしてくれるの?

作品情報を見る

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top