はにーほりっく

退魔師の天音は、イタズラをした妖狐を退治するため、山を訪れた。しかし捕らえてみれば、妖狐はまだ子供。しかしからかうと彼は、子供扱いするなと激怒する。天音を犯すつもりの妖狐に対し、大人の天音は余裕の態度。でも妖狐の大きなアレを見たら興奮してしまって…。パイズリフェラで奉仕した後、誘うようにヒップを向けると、怪狐は激しくクンニしてきた。奥まで吸われて舐められて、天音のアソコはすっかりトロトロに。挿れたい…と呟く妖狐に天音は…。

作品情報を見る

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top