童貞バイキング!

お父さんのお葬式の後、ママはおかしくなってしまったみたいだ。ある日、ママはセクシーな下着姿で僕のベッドにやってきた。「寂しくて我慢できないの…」と言いながら僕の添い寝をし、優しくモノを握ってくるママ。「知ってるのよ。カオルがママの下着でオナニーをしていたこと…」母子でエッチなんて絶対にしちゃだめなのに、童貞の僕は、ママが押し付けてくる大きなおっぱいの誘惑に逆らえない。巧みなリードにとろけた僕は毎日ママと…。

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top