痴母相姦

建斗は日頃の感謝を込めて、女手ひとつで自分を育ててくれた母を、温泉旅館に連れてきた。二人で温泉に入っていると、聞こえてきたのはカップルがセックスをしている声。昔から母を女性として意識していた健斗は、夜、眠る母に寄り添い…。浴衣の下に手を入れると、母はノーパン。着替えを忘れたって本当に?触れるだけという約束でワレメを愛撫し、クンニまでしてしまった健斗は、ダメだと言う母の言葉を無視して、ついに実母のアソコに挿入してしまう…。

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top