女教師(おんなきょうし)に告ぐ

体育教師の皆川緑は厳しいまなざしで、校庭を走る男子生徒たちを見つめていた。まだまだ子供だと思っていた彼らの中に、今この瞬間も緑を辱め、支配している人間がいる…。緑の脳裏に、顔を隠した複数の生徒たちに拘束され、無理やり体を開かれた記憶がよみがえった。口を、秘所を貫かれ嫌だと思うのに、快感に従順な女の体は生徒たちの欲に蕩けていった。教師としてのプライドは崩れ去り、年下の生徒たちの言いなりとなった緑は…。

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top