契約奴隷妻

夫が交通事故を起こした…。連絡を受け、妻は病院に駆けつけた。幸い夫は命に別状がなく、目が覚めるのを待つばかり。その時間に、妻は事故の相手の病室を訪れた。クリーニング業を営む夫の事故は、なんとか示談ですませてもらいたい。謝罪と共にそう告げると、相手はそれならば、身の回りの世話をしてほしいと言ってきた。「最初はこちらの世話を…」見せつけられた大きなモノに、妻はためらう。でも奉仕しなければ夫は…。妻は彼のモノに唇を寄せていった。

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top