恋する少女はやおよろず

巫女のさくらは、一定の年齢になったら、家の血を絶やさないために許嫁を迎えなければならない。見知らぬ人と結婚なんてしたくないと落ち込むさくらは、大好きな秋久が訪ねてきても、話さないまま森へ逃げ、男女がエッチする姿を見ることに。初めてのセックスシーンに欲情したさくらは自慰をするが、その場には秋久がいて…。結婚前に思い出が欲しい。さくらが初めてを捧げようとすると、最初優しくしてくれていた秋久は、いきなり激しく責めてきた。

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top