LOVE DOLL

生徒の御生を亡くし告別式に参加した志賀のもとに、兄からラブドールが届けられた。その顔は御生に瓜二つ。しかも驚いている志賀の前で、ドールは普通の人間のように目を覚まし、動き始めた。志賀のことを先生と呼ぶドールの心は、御生のもの…気づいた志賀は困惑するが、さらに困ったことに、ドールの御生は発情期を迎えたかのように悶え始出した。「先生、助けて…」可愛い生徒のお願いならば、なんとかしなくては。志賀は御生を抱き上げ、ベッドへと向かった。

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top