雨のち晴れ

清彦は、隣家に住むハルの面倒を見ている。彼女の母親は、一人娘を放って男と出かけることを常としていた。同情から食事を与えたのが少し前。だがハルは「憐みは欲しくない、清彦を食べさせて」と泣きながら抱きついてきた。「後悔するなよ?」清彦はハルの見た目よりも豊かな胸を愛撫し、すでに濡れていたワレメを弄る。そしてバックからの挿入。初めてのハルは処女を失う痛みを感じながらも、清彦のものを奥深くまで受け入れるのだった。

Search!

作品検索

Information

ご利用案内

Page Top